よくある質問について,回答してみました。参考になればと思います。

 

(説明会や公開ゼミでのアンケートに質問がありましたので,追記しておきました。)

 

 

 

Q「3年次秋学期にゼミはしないと言うが,まったく何もないのか?」

 

 極端な言い方をしましたが,この時期はむしろゼミ生次第でもあります。要請があれば大学で集まりますし,オフ(たとえば飲み会)でも同様です。また,「こういうことをしてください!」という要請があれば,応えます。たとえば,「OB/OGから就活について聞きたい」みたいな要請があれば,わたしの方でアレンジします。ということで,「致しません」というよりも,「ゼミ生の意思にまかせます 」と言った方が妥当です。これは4年生の春学期も同じです。

 これと関連して,ビジコンや企業訪問などをゼミ生が主体的にするのはまったく問題ありませんし,サポートはします。あくまで,ゼミの公式イベントにはしないということです。実際,現在4年生のゼミ生数名が外部のビジコンにエントリーして活動していました。

 

※公開ゼミでのアンケートで,「ゼミ旅行や合宿はありますか?」「飲み会はどれだけありますか?」という質問がありましたが,これらも上記に準じています。決めるのは私ではなく,ゼミ生の皆さんです。私が指定することはありません。これまでもそうで,旅行や合宿は実施する代もあれば,しない代もありました。メンバー次第ということです。また,飲み会もそんな感じで,好きな子は好きな子同士で行く感じです。全員参加が必要となるイベントは,オフではほとんどないです。説明会でも申し上げたように,このゼミはあくまでみなさんの世界のなかで,脇役に徹します。

 

 

Q「審査にあたって成績はどれだけ関係ありますか?」

 

 優の数・GPAといった成績は,無視はしませんが,それが絶対条件になることはありません。多い・高いこしたことはありませんが。

 むしろ,「どれだけ単位をとっているか」がポイントになります。理由は,修得単位数が少ないと,以降の時間割がたくさん埋まってしまい,ゼミの時間設定に制約が出てくるからです。

 このあたりから修得単位数は見ます。なお,質問主旨からはズレますが,いろいろな意味で,早めに単位をそろえておくことをお勧めします。

 

 

Q「成績以外だと審査にあたってなにがポイントになりますか?」

 

 あまり詳しく言うと,厳正な評価にならないのですが,わたしが個人的に重要だと思っていることをいくつか書いておきます。

 

※時間をムダにしすぎていることはないか?

※力を入れていることはあるか?(それが何か,スケール感は問題ではありません)なぜ・どのように力を入れているのか?

※自分流の「学び方」を持っている(認識している)か?

 

 

 

Q「いつゼミをしますか?」

 

 これは確定しています。本年度は秋学期の金曜4限に開講します。一方,3年生以降はまだ決めていません。重要な専門科目などとぶつからないような時間にしたいと思っています。ただし,基幹的な科目は2年生で履修していることを前提としますので,そこに重なることはありえます。なので,繰り返しになりますが,評価はさておき,単位は稼いでおいてください。

 

 

 

Q「海外への留学はどのように扱うか?」

 

 わたしは,短期留学やサマースクール,ワーキングホリデーなど,在学中に海外で生活し,勉強することを奨励します。とはいえ,そうなると,せっかくゼミに入ったのに,みんなで集まって活動ができなくなる可能性も出てきます。そこでこのゼミの特徴が関係してきます。

 谷地ゼミは2年次の秋学期,3年次の春学期で基本的に活動を終わらせます。その分,3年次の春学期は2時限分を通しで実施します。

 海外に行くとしたら,3年次の秋学期以降にしてください。

 ゼミ活動だけではなく,海外への留学は就活とも関連してきます。なので,いまからそのような計画を立てている方は,入ゼミ審査時にお伝えいただくか,入ゼミ後もできるだけ早めにわたしに申し出てください。

 

※アンケートに,「夏休みの間に短期の留学をしたいが可能か?」というお尋ねがありました。まったく問題ないです。

 

 

Q 4年秋学期の商品企画&卒論について

 

 「ここではどのような商品を扱うか?」という質問がありましたが,形のある商品もあれば,形のないサービスもアリ,です。

 一方で,「おいしいかどうか?」のような,感覚的・感性的な商品は,企画のハードルが非常に高いこともあり,オススメしていません。大学生のみなさんにとって,やりやすい・やりにくい商品・サービスというものがあります。詳しくはゼミで説明します。

 あと,商品企画から卒論までの時間が短すぎないか,というお尋ねもありましたが,このゼミでは卒論のテーマは秋学期に行った商品企画をベースに書いてもらうことにしています。なので,時間的にうまく収まるようになっています。