Webmaster's Reseach Profile

 

著書

『中国市場参入―新興市場における生販並行展開』単著,千倉書房,1999年2月

『独創重視のプロダクト革新―競争優位をめざす開発経営の新展開』日本能率協会編,日本能率協会マネジメントセンター,2004年10月

『イノベーションの実践理論』野中郁次郎・大薗恵美・児玉充との共著,白桃書房,2006年10月

『マーケティングを学ぶ<上>―売れる仕組み』上田隆穂編著,中央経済社,2008年12月

『「コト発想」からの価値づくり―技術者のマーケティング思考』単著,千倉書房,2012年5月

『ガイダンス現代経営学』山倉健嗣編著,中央経済社,2015年7月

 


 


論文

「国際マーケティング政策標準化・適応化の問題図式:近年の研究を手がかりに」単著,六甲台論集第41巻第1号,1995年5月

「海外市場参入行動研究の新たな課題:付加価値チャネル分析の構想」単著,神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo. 9406,1995年3月

「環境変化と日本機械製造企業の製品標準化行動」単著,神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo. 9603,1996年4月

「産業財企業の中国マーケティング活動の現状と課題」単著,神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo. 9606,1996年6月

「中国市場債権回収問題とマーケティング行動:上海娜麗絲化粧品有限公司の事例分析」単著,神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo. 9607,1996年6月

「現地市場志向直接投資行動の研究」単著,神戸大学大学院経営学研究科博士課程博士学位取得論文(博い第22号),1997年3月

「新興市場参入問題の構図:中国におけるチャネル拡張と制約」単著,横浜経営研究,第18巻第3号,1997年12月

「海外市場参入行動研究の展望:新興市場参入行動の分析にむけて」単著,横浜経営研究,第19巻第1号,1998年6月

「日本企業の中国市場参入行動:データによる実態解明」単著,横浜経営研究,第19巻第3号,1998年12月

「市場志向JVへの期待とオペレーション問題:いかに海外JVのメリットを得るか」単著,横浜経営研究,第20巻第1号,1999年6月

「日本企業の海外営業管理体制」単著,高嶋克義編著『日本型マーケティング』,第14章所収,2000年1月

「国際マーケティング・ジョイントベンチャー序論:中国市場戦略の基盤再構築に向けて」単著,横浜経営研究,第23巻第4号,2003年3月

「日本企業の中国市場参入とその展開:債権回収問題をベースとした家電業界のステージ・スケッチ」単著,中国経済(日本貿易振興会),5月号,No.448,2003年5月

「中国市場参入とその展開に見る7つの問題」,単著,日本貿易振興会『中国国内販売実態調査報告書』,第1章総論所収,2003年6月

「技術マネジメントとマーケティング:MOVフレームワークによる問題の提起と整理」単著,横浜経営研究,第31巻第2号,2010年9月

「技術マーケティングの障害:技術者向けマーケティング教育の意味再考」単著,横浜経営研究,第31巻第3/4号,2011年3月

「『模倣困難性』と『差別化』のマーケティング戦略論理:伝統的『競争地位別マーケティング戦略論』を捉え直す」単著,横浜経営研究,第33巻第3号,2012年12月



ワーキングペーパー

「新興市場参入問題の実証分析:中国市場販売問題の構図」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.126,1997年12月

「日本企業の中国市場参入行動:データによる実態解明」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.127,1997年12月

「中国市場販売の社内体制構築:バイラテラル・コントロールの実証分析」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.128,1997年12月

「中国市場参入行動の事例分析:チャネル拡張と中国市場問題への対応」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.135,1998年9月

「家電製造企業の中国参入行動比較:債権回収問題を中心に」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.136,1997年9月

「中国債権回収問題の対応行動:データによる検証」単著,横浜国立大学経営学部ワーキング・ペーパー・シリーズNo.128,1998年10月

「国際マーケティング・ジョイント・ベンチャー序論:中国市場戦略の基盤再構築に向けて」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.181,2002年12月

「国際マーケティングJVにおける知識獲得問題」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.182,2002年12月

「日本企業の中国市場参入とその展開:債権回収問題をベースとした家電業界のステージ・スケッチ」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.189,2003年3月

「中国市場参入とその展開に見る7つの問題」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.190,2003年3月

「松下電工の中国市場戦略:第一合弁BSMEWの軌跡」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.198,2003年5月

「回収起点の中国市場戦略」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.202,2004年3月

「ダイキン工業:中国『物件対応』戦略と『べたつき営業』」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.203,2004年3月

「ホンダ:若者『バイカー』と『Nプロジェクト』」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.204,2004年3月

「味の素:『東南アジア・モデル』と中国市場戦略」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.208,2004年6月

「中国企業の債権回収問題:その実態に見る日本企業の新たな課題」,趙栄林との共著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.222,2005年2月

「NEC PC-9801:デファクト変遷のなかでの軌跡」,細川いずみとの共著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.238,2006年2月

「NEC ギガ・ステーション:最高の技術をもった孤高の映像記録用光ディスク」,細川いずみとの共著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.239,2006年2月

「現場起点のCSマネジメント―ANA HANEDACS21プロジェクト」,単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.261,2008年1月

「アプリケーション・ソフトウェアの企画・開発ケース―富士ゼロックス 汎用図面管理アプリケーション・ソフトウェア EDMICS」,湯沢雅人との共著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.276,2008年12月

「アプリケーション・ソフトウェアの企画・開発ケース―富士ゼロックス 電子・紙文書一元管理・活用アプリケーション・ソフトウェア DocuWorks」,湯沢雅人との共著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.277,2008年12月

「技術マネジメントとマーケティング―MOVフレームワークによる問題の提起と整理」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.292,2010年4月

「技術マーケティングの障害―マーケティング・リテラシー教育の意味再考」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.293,2010年5月

「マーケティング的『商品・技術』観とその意義再考」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.297,2010年7月

「マーケティング的『業界・競争』観とその意義再考」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.298,2010年7月

「マーケティングと競争戦略T:業界リーダーの『強さ』とその攻撃発想」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.,2010年月

「競争地位別マーケティング戦略論の再検討と展開:リーダー対チャレンジャーの相克から」単著,横浜国立大学経営学部ワーキングペーパーシリーズNo.302,2011年3月

 

雑誌

「中国マーケティングの極意―セミナーでは教えない債権回収,本当のノウハウ」単著,週刊東洋経済,2003年2月1日特大号

「『草の根』的市場戦略こそ債権回収の要」,単著,日中経協ジャーナル(日中経済協会),10月号,2003年10月

「マーケティング・エクセレンスを求めて第56回 ダイキン工業株式会社―中国「物件対応」戦略と「べたつき営業」」単著,季刊マーケティング・ジャーナル(日本マーケティング協会),第24巻第2号,2004年9月

「勝ち組企業の分岐点―勝ち組企業がやり遂げたのは標的の絞り込みと,地をはうような人材育成だった」単著,週刊エコノミスト増刊「中国ビジネス勝ち組の秘密」,2004年10月11日号

「原理と実践をつなぐマーケティング」単著連載,ANA国際線機内誌ていくおふ,Winter 2004〜Fall 2005

「顧客価値創出のための『人財』観」単著,ANA国際線機内誌ていくおふ,Winter 2006